駅前のナンパ体験談

更新日:2018年06月14日

カテゴリー:駅前のナンパ体験談

【ナンパ】デビューは散々な結果だった。

始めたてのナンパライフは失敗続き

俺がストナンを始めて間もない頃。

駅前や夜の街中でかわいい女の子を見つけては一生懸命声をかけてたけど、全然ダメだった。
無視されるか、「この後予定あるんで~」みたいな感じで流されるのがオチだったんよ。

声かけNG

誰も付き合ってくれなくて、時間だけが過ぎていく感じ……
今は少し慣れたけど、当時はとにかく辛かったな~。
ホントに心が折れそうやった。

「なんとしてもヤりたい!」と思うあまり……

それでも当時の俺は諦めたくなかったんよね。
ストナンでサッと女の子を捕まえて、ホテルでヤる……それにめちゃめちゃ憧れていた。
でも現実は失敗続き……そこで俺は思った。

かわいい子ばかり狙っているからダメなのでは?
クオリティが高い女の子は彼氏持ちだったり、ガードが固かったりすることが多いはず。
なら女の子のレベルを下げればいいやん!ってね。

まぁ別の日のナンパで思い知ることになるんだけど、「ブスのほうが捕まえやすい」ってわけでもないw
でも何も知らなかった当時の俺はそう思ってしまったわけ。
マジで単純な思考よね。

苦労の末、見つけた女の子は……

かわいい女の子だけでなく、ちょっとブサイクな子にも話しかけるようにした俺。
めっちゃ声かけてたから、まるで下っ端ホストがキャッチしてるような感じw
そうしてナンパを繰り返した末、ようやく一人の女の子を捕まえることに成功した。

顔は……うん、正直かわいくはない。
下の中、ってところかな。失礼やけどw

そして体型は、背が低くて太っていた。
ぶっちゃけると残念クオリティな女の子を捕まえてしまったわけ。

she is fat

傍から見れば哀れやったかもしれんけど、俺としては嬉しかったね。

「遂にストナン成功~!!」みたいな感じで、一人でテンション上がってた。

そのときはね。

ホテルで事を終えた後

最初の計画通り、ホテルに連れ込んで一夜を明かした。
だけど、全て終わった後に何だか虚しくなったんよね。

「なんであんなブサイクとヤったんやろ……」みたいな。

ナンパが成功したときの興奮は全く残ってなかったね。
当たり前やけど、どうせヤるならかわいい子とヤりたい。
ブスでデブな女とはヤりたくない。

ナンパ中にそれを見失ったらダメなんやなって、そのとき気付いたよ。
それからのストナンは、なるべくかわいい子を捕まえるように努力してる。

いつもうまくいくわけじゃないけどね。

それでも「全然ダメだからブサイクでもいいや!」みたいな、ヤケクソじみた考えは絶対しない。

かわいい子や美人な子をナンパできたときこそ、本当の幸せやと思うよ!

TOP