北海道名物・白い恋人

白い恋人(チョコ・ホワイト)

白い恋人の包装

白い恋人の中身

※写真引用:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010101/1004614/

【味】

サクサクとした食感が心地良い『白い恋人』。
クッキーが口の中でサッと溶けていく最中にも、ホワイトチョコレートの甘みをしっかり感じられます!
飽きのこない味わいなので、思わず何個も食べちゃいそうになるお菓子。
くれぐれも食べ過ぎにはご注意ですよ~!

【見た目・形】

白い恋人はホワイトチョコレートを二枚のクッキーで挟み込んだお菓子です。
ホワイトチョコレートが少しはみ出ているのも特徴的。
クッキーの縁には綺麗な焼き色がついていて、食欲をそそられます。

【どんなときによく購入される?】

白い恋人はお土産として人気の商品。
旅行や出張で北海道を訪れた人が買って帰るケースが多いです。

【購入層】

お土産として白い恋人を贈ることで、様々な人に喜ばれます。
そのため、購入する人の年齢層はとても幅広いです。
老若男女に愛されているお菓子と言っても過言ではありませんね。

【白い恋人が人気の理由とは?】

白い恋人が発売され始めたときから、販売元の石屋製菓は「お土産」として売り出す姿勢を一貫させていました。
「北海道のお菓子」というブランドイメージを作り上げるために、販売を道内限定としたのです。
また、パッケージのデザインも北海道をイメージさせることを意図した上で製作されました。
「北海道のお土産と言えばコレ!」と思わせるための努力が実り、白い恋人はお土産の定番商品となったのです。
お客さんが手に取りやすくするため、白い恋人は引き続き進化を遂げています。
発売から40周年を迎えた年には、個包装の切り口の幅を広げ、開けやすいように改良されました。
さらに、包装紙には製品枚数や原材料の英語表記が加えられ、外国人観光客にも白い恋人をアピールできるように「ユニバーサルデザイン化」が施されたのです。
お客さんに買ってもらうための地道な取り組みがあるからこそ、白い恋人は根強い人気を誇っています!

【北海道名物・白い恋人】

北海道のお土産と言えば、やっぱり白い恋人ですよね!
クッキーとホワイトチョコレートがマッチしたシンプルな商品は、多くの人を魅了しています。
白い恋人の販売が始まったのは1976年のこと。
当時、世間ではホワイトチョコレートが流行っていました。
手を汚さずにホワイトチョコレートを食べられる商品がヒットするのではないか――このアイデアを皮切りに生まれたお菓子なのです。
また白い恋人というネーミングは創業者の一言に由来しています。
ある日、街に降り出した雪を見て「白い恋人たちが降ってきたよ」と言ったことがきっかけになり、そのままお菓子の名前になったのです。
特徴的な誕生秘話も白い恋人の存在をより強く印象付けてきますね!

エリア情報

[店名] 大丸札幌店 ISHIYAショップ

[定休日] 1月1日

[営業時間] 10:00~20:00

[TEL] 011-828-1483

[住所] 〒060-0005 札幌市中央区北5条西4丁目 (地下1階ほっぺタウン)

[アクセス]

札幌駅内 経路で探す 

[備考] 駐車場がございません。 ※周辺の時間貸しの駐車場をご利用下さい。

Googleマップで行きかたを調べる!

▲ PAGE TOP